吉原 ソープランド 吉原倶楽部 吉原専門の風俗(ソープランド)店や在籍するコンパニオンを紹介サイトです。

ランドマーク
ラストシーン
オーキッド倶楽部
 
年中行事

吉原近郊で行われている年中行事を月別にご紹介します。
  • 1月へ移動
  • 2月へ移動
    ▼
  • 3月へ移動
  • 4月へ移動
  • 5月へ移動
  • 6月へ移動
  • 7月へ移動
  • 8月へ移動
  • 9月へ移動
  • 10月へ移動
  • 11月へ移動
  • 12月へ移動

針供養 浅草寺淡島堂 ■針供養 浅草寺淡島堂
★日付:平成24年2月8日(水)
淡島明神のご本地仏で「虚空像菩薩」年1回2月8日に「針供養」が行われ淡島さまとも呼ばれていります。使って折れてしまった針を豆腐に刺して日頃の感謝の意を表し供養する習わしで有名です、現在の淡島堂は以前の旧影向堂を改修し移築した物で、昭和30年(1956)までは浅草寺の仮本堂でありました。この明神は、江戸時代より女性の守り神として信仰を集め、今でも毎年2月8日になると針供養という日頃使いなれた針に感謝し、柔らかな豆腐に差して供養する多くの女性が詣でます。また、以前はこの日に限り針仕事をしない風習がありました。

■節分・福聚の舞 浅草寺
★日付:平成24年2月3日(金)
節分-室町時代の頃より新春を迎えるにあたり、災難、厄難退散の行事として「福は内、鬼は外」を唱え、豆を撒きました。
福聚の舞-「福聚の舞」は昭和39年4月浅草寺宝蔵門落慶のさいに創始され、以降は節分に奉納されています。この舞は観音の福徳を讃え、七福神の故事からとったものといわれます。
節分・福聚の舞 浅草寺

湯島天神 梅祭り ■湯島天神 梅祭り
★日付:平成24年2月上旬〜3月上旬
湯島天神は、江戸時代より「梅の名所」として多くの庶民に親しまれて来ました。昭和33年に開催された梅まつりも、今回で50回を迎えることになりました。梅園では約300本の梅(9割が白梅です)が咲き誇ります。

■江戸流しびな
★日付:平成24年2月26日(日)
流しびなは、子どもの災厄を紙や草木で作った人形に託し、川や海に流してはらい清め、子どもの無病息災を願う日本古来の伝統行事で、平安時代中期に始まりひなまつりの起源といわれています。この伝統行事を継承していこうと、昭和61年から「江戸流しびな」が始められ、今では隅田川に春を訪れを告げる風物詩として定着しています。
江戸流しびな

ページの先頭へ
年中行事