吉原 ソープランド 吉原倶楽部 吉原専門の風俗(ソープランド)店や在籍するコンパニオンを紹介サイトです。

ランドマーク
ラストシーン
オーキッド倶楽部
 
年中行事

吉原近郊で行われている年中行事を月別にご紹介します。
  • 1月へ移動
  • 2月へ移動
  • 3月へ移動
    ▼
  • 4月へ移動
  • 5月へ移動
  • 6月へ移動
  • 7月へ移動
  • 8月へ移動
  • 9月へ移動
  • 10月へ移動
  • 11月へ移動
  • 12月へ移動

上野さくらまつり ■上野さくらまつり
★日付:平成24年3月下旬〜4月上旬
上野公園一帯には、約1,300本の桜があり開花時には多くの花見客で賑わいます。また夜にはぼんぼりが灯り、夜桜見物でも賑わいます。
江戸時代に今でいう「お花見」のようになりました。特に江戸(今の東京)には上野をはじめとする桜の名所がいくつもあり、ガイドブックまでできたほどです。
その時には、金持ちも貧乏な人もそれぞれ仲間を作って、お弁当を持って出かけました。桜の下では、飲めや歌えやの大騒ぎ。「茶番」と呼ばれる劇をする人たちもいました。

■隅田公園桜まつり
★日付:平成24年3月20日(火)〜4月8日(日)
隅田川の吾妻橋〜桜橋間は江戸時代からの桜の名所です。
他と異なり、隅田公園陸上だけでなく隅田川に屋台舟を浮かべ両岸の桜並木を眺める風流な花見も楽しめます。
隅田公園の花見の多くは、 浅草側では東武鉄道鉄橋〜少年野球場間の隅田公園内で行うことが出来ます。
隅田公園桜まつり

浅草寺本尊示現会(じげんえ)・金竜の舞 ■浅草寺本尊示現会(じげんえ)・金竜の舞
★日付:平成24年3月18日(日)
約 1,350年前、隅田川から漁民が黄金の観音像(約6p)を拾いあげ、浅草寺を本尊としました。この日を記念して金龍の舞や手古舞の奉納行列が行われます。
大黒天をお祀りしているのは浅草寺です。
推古天皇36(628)年3月18日未明のことでした。今の隅田川に投網漁をしていた漁師の檜前浜成(ひのくまのはまなり)、竹成(たけなり)兄弟の網に一体の仏像がかかりました。それを豪族の土師真中知(はじのまなかち)は、尊い観音像であることを知り、深く帰依して自宅を寺とし、その観音像を奉安し、礼拝供養に勤めました。これが浅草寺のはじまりです。

ページの先頭へ
年中行事